トップページ >  > 洗顔でも可能?シミけし、美白効果を出す洗顔の選びかた

洗顔でも可能?シミけし、美白効果を出す洗顔の選びかた

■洗顔で美白効果を得られるの?
洗顔はあくまでも顔を洗う為のもの。
だから洗顔で美白なんてできない!・・と思っていませんか?
実は美白のためには、毎日の洗顔が非常に重要な鍵を握っているんですよ。
使う洗顔料や洗顔方法が一つ違うだけで、美白することもできればお肌にダメージを与えることもあるんです。
とはいっても美白と洗顔がイコールで結びつかない、という方もいらっしゃると思います。
まずは、どうして洗顔が美白に繋がるのかを知っておきましょう。
洗顔を毎日行うことによって、顔の表面に残った古い角質や皮脂を洗い流すことができます。
シミの原因がメラニンであることは有名ですが、実は毛穴に残った古い角質や汚れもシミに関係しています。
そして毛穴に残った古い角質やシミは、酸化することで黒くなり顔のくすみへと繋がります。
顔がくすむということは、本来の顔色よりも暗くくすんで見えるということです。
この状態でどんなに美白ケアを行っても、その効果を実感することはできないのです。
毎日正しい洗顔で古い角質や汚れを取り除いていると、お肌の新陳代謝が正常に行われるようになりシミを未然に防ぐこともできます。
今まで正しい洗顔を行えていなかった方が正しい洗顔を行っただけで、顔色がワントーン明るくなることもあるんですよ。
それだけ洗顔と美白は大きく関係しているのです。


■洗顔でシミをケアしたい!どんな洗顔を選ぶべき?
大半の方が、毎日洗顔を行っていると思います。
毎日使うものなので洗顔料選びは慎重に行いたいですよね。
洗顔によって美白効果を出す為には、いくつか抑えておきたい項目があります。
まず一つ目は泡に弾力がある洗顔料か?ということです。
洗顔料をしっかりと泡立てて行う洗顔法が一般的になりましたが、これってどうしてだか分かりますか?
弾力のある泡で洗顔を行うことで、お肌に発生する摩擦を防いでいるのです。
もし洗顔料を充分に泡立てず手のひらでゴシゴシ洗ってしまうと、それだけでシミの元となるメラニンが生成されてしまいます。
また、色素沈着の原因にもなります。
弾力のある洗顔料で、優しく行う洗顔が美白には欠かせないのです。


二つ目は汚れをしっかり吸着できる洗顔料か?ということです。
どんなに洗顔をしても、汚れや古い角質を除去できなければ充分な洗顔とは言えません。
毛穴に残ったままの汚れや古い角質は、シミの直接的な原因となります。
一度の洗顔でしっかり汚れを落とせるような、吸着性の高い洗顔料を選びましょう。


これらに加えて、洗顔をしながらお肌のケアができる洗顔料がいいですね。
汚れや古い角質が落ちたばかりのお肌は、美容成分が最も浸透しやすいタイミングです。
洗顔料の中に美白効果のある成分や美容成分が配合された洗顔料を選びたいですね。