トップページ >  > シミができてしまうまでのメカニズム

シミができてしまうまでのメカニズム

シミといえば、年齢と共に襲いかかって来る深刻なお肌の悩みの一つですよね。50代になると実に8割以上の方に現れているとされるシミは、私たちにとって非常に身近で非常に厄介な悩みです。
よくシミは紫外線が原因だ、ストレスが原因だ、女性ホルモンの乱れが原因だ、なんて言われています。
そもそもシミというのは、何が原因でできてしまうのでしょうか?シミは、一体何がキッカケでできているのでしょうか?
シミの原因はたくさんありますが、シミの元となるものは「刺激」です。
シミの原因とされる紫外線、ストレス、女性ホルモンの乱れなどは、どれもお肌にとっては「刺激」となります。他にもケガやニキビ、アレルギーや摩擦などもお肌にとっての「刺激」なのです。
このような刺激をキッカケに、シミができているのです。
私たちのお肌は刺激を感じると、お肌を守ろうとする機能が働きます。お肌を守るために活発に働き出すのがメラノサイトで、これがシミの元となっていきます。
つまりシミは、何らかの「刺激」を受ける事がキッカケで作られているのです。
シミを防ぐ為には、シミのキッカケとなる刺激を出来る限り排除することが必要不可欠なのです。

 

刺激を受けてしまったら、どうやってシミになるの?

シミのキッカケが分かった所で、今度はそこからどうやってシミになるのかを見ていきましょう。
刺激によって活発になったメラノサイトは、メラニン色素を生成していきます。実はこの段階ではまだシミにはならないんです。通常生成されたメラニン色素は、お肌のターンオーバーによって排出されます。お肌のターンオーバーは約28日を周期にしているため、生成されたメラニン色素も28日後にはなくなっていることになります。
しかしお肌のターンオーバーが何らかの理由で滞ってしまったり、継続的にメラニン色素が生成されているといつまでも体内にメラニン色素が残っている状態になってしまいます。
これが後にシミとなってお肌に現れてしまうのです。
このようにシミは刺激をキッカケに、お肌のターンオーバーの乱れや継続的なメラニン色素の生成によってお肌に現れているのです。
お肌のターンオーバーは加齢やストレス、生活習慣などで容易に乱れてしまいます。
お肌に刺激を与えない事はもちろん、お肌のターンオーバーも正常なサイクルに戻してシミができにくいお肌を手に入れましょう。

 

あなたはどの美白タイプ?

もうすでにシミがあるからシミを薄くもしくは、消したい!
シミに最強の美白コスメ
とにかくターンオーバーを正常化させてシミだけでなくエイジングケアにもつなげたい!
美白もエイジングケアもできる医薬部外品
体の内側からメラニンを追い出したい!
マルチな成分がターンオーバーを促進