トップページ >  > シミの敵!紫外線の影響は悪影響だけではない?!

シミの敵!紫外線の影響は悪影響だけではない?!

紫外線は皮膚に様々な悪影響をもたらします。

しみの原因となるだけでなく、皮膚がんを引き起こす可能性もあります。

また、紫外線の影響は北側に住む人々よりも南側に住む人々に多いことが分かっています。

つまり北海道と比べ九州のほうが紫外線の量が多いというわけです。

実験結果でも、紫外線量が多いのでより悪影響を受けやすいということが証明されています。


UVケアという言葉は誰しも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

このUVは紫外線のことを指しているのです。

UVはUV-A、UV-B、UV-Cと3種類に分けられ、紫外線の多くはUV-Aとなっています。

お肌を黒くし、しわを作るのはUV-Aの影響です。

また、紫外線の9割がUV-Aとされています。

透過性が強く、ガラスを越してくるので室内にいても注意が必要です。

UV-Bは日焼けや肌荒れを引き起こします。

そのほとんどはオゾン層などで吸収されてしまいますが一部は地上にまでやってきます。UV-Aよりも影響が強く、皮膚ガンの要因ともされています。

透過性は高くなく家の中まで届きませんが、夏場に外出するときは紫外線対策をしたほうがよいでしょう。

UV-Cはオゾン層などに吸収され、地表に届くことはありません。

しかし紫外線というのは悪影響ばかりではありません。

紫外線は、体の中でビタミンDを生成する働きがあるのです。

ビタミンDは骨を強くするほか、子供の発育期や妊娠している女性には欠かせない栄養素です。

紫外線を長時間浴びるのはよくありませんが、10分程度なら紫外線を浴びて体をリフレッシュさせるのもよいことでしょう。