トップページ >  > 去年の化粧品は使っても大丈夫?

去年の化粧品は使っても大丈夫?

■化粧品にも使用期限があるって本当?
突然ですが、スキンケア用品や化粧品にも使用期限があることはご存知ですか?
別に食べる物でもないし、期限なんて関係ないでしょう!と思われるかもしれませんが、それは大間違いなんですよ。
スキンケア用品や化粧品は、直接お肌に付けるものです。
きちんと使用期限を守らないと、お肌のためにと思って行ったことが全て水の泡。
むしろ逆効果になってしまうのです!
一度開封したスキンケア用品や化粧品は、あっという間に雑菌が繁殖します。
その雑菌たちが毛穴から入り込んで、お肌にダメージを与えることも充分あり得るんですよ。
しかしスキンケア用品や化粧品には、使用期限なんて記載されていませんよね。
なんか矛盾してない?と思われるかもしれませんが、これには薬事法が関係しているのです。
薬事法では未開封の状態で3年間、品質を保証できるものには期限の記載が義務づけられていません。
つまり期限の記載がないということは、3年間の品質が保証されているということなのです。
しかし安心してはいけません。
あくまでも"未開封"が条件です。
一度開封してしまうと、この条件には当てはまらないのです。
また、例え未開封であっても成分や形状によっては劣化が早いものもあります。
スキンケア用品や化粧品は、購入後すみやかに使い切るというのを心がけたいですね。
そうは言っても数回しか使っていない化粧品や去年使い切れずに残った化粧品って簡単には捨てられませんよね。
限定のものだったり、高かった化粧品なら尚更だと思います。
しかしお肌のことを思うのであれば、使用期限を過ぎたスキンケア用品や化粧品はすぐに処分しましょう。
いつまでも雑菌が繁殖した化粧品を使っていては、美肌に近づけませんよ。


■一度開封した化粧品たちは、いつまで使っていいの?
一度開封した化粧品たちは、いつまでに使い切るのがベストなのでしょうか?
まずスキンケア用品の場合は、大抵の商品が1〜2ヶ月で使い切れる量になっています。
そのため半年以内には使い切るようにし、それ以上経過した場合は残念ですが処分した方がいいでしょう。
特に化粧水などのように水分が多いものは、雑菌が繁殖しやすい環境です。
開封した後はしっかり蓋を閉めて、正しい保存方法で保管するようにしましょう。
また化粧下地やリキッドファンデのように水分が多い化粧品も、同様です。


アイシャドウや口紅のような化粧品は、1年半〜2年程で使い切りたいですね。
スキンケア用品より使用期限が長いものの、いつまでも昔の物を使い続けている方が多いアイテムでもあります。
塗る時に使うブラシやチップはこまめに洗浄し、雑菌が繁殖しにくい環境を心がけましょう。
一方マスカラは使用期限が短いアイテムです。
目元に使用すること、ブラシを頻繁に出し入れするため雑菌が入り込みやすいなどの理由で2、3ヶ月が目安になっています。
雑菌が繁殖したマスカラを使い続けていると、結膜炎やものもらいを起こす場合があります。
一度開封したマスカラは、とにかく早く使い切るようにしたいですね。


つい去年の余りを使ってしまいがちなのが日焼け止めではないでしょうか。
日焼け止めの場合は、スキンケア用品などと同じで半年以内には使い切りたいものです。
どうしても去年の残りを使いたい方は、顔に使用するのは避け体用として使うようにしましょう。


美肌のためには、スキンケア用品やコスメの断捨離も必須です。
使い切れず勿体ない思いをするのなら容量の小さい物を買う、一つのアイテムを使い切ってから新しい物を開封する、などの工夫をしてみましょう。