トップページ >  > 自然派化粧品は肌に優しくて当たり前?

自然派化粧品は肌に優しくて当たり前?

■自然派化粧品ってどんなもの?
近年、"オーガニックコスメ"や"無添加化粧品"それに"自然派化粧品"などといった化粧品が数多く登場しています。
雑誌やインターネットでコスメを見ていると、必ず一度は目にするのではないでしょうか?
なんとなくお肌に優しそう、良さそうというイメージがあるかもしれませんが、そもそも自然派化粧品とはどういった化粧品なのでしょうか。
まずは自然派化粧品とは何なのか?を調べてみたいと思います。


自然派化粧品は、天然由来の成分を使用した化粧品のことを言います。
つまり、植物由来の成分や動物由来の成分、ミネラルとも呼ばれる鉱物成分が原料になっている化粧品のことです。
しかし、だからと言って化学物質が一切使われていないわけではないのです。
ここが良い自然派コスメと悪い自然派コスメを見抜くのに、重要なポイントになってきます。
自然派化粧品には明確な基準がないため、原料のほんの一部だけに天然由来の成分を配合していたとしても「自然派化粧品です!」と謳うこともできます。
もちろん全ての自然派化粧品がそうではなく、100%天然由来の成分でできた自然派化粧品もちゃんと存在します。
自然派化粧品と謳われているからといって、全てがお肌に優しいわけではないんですね。
自然派化粧品を選ぶ際は、成分をよく確認して見極めることが重要になってきます。


■お肌に優しい自然派化粧品の選び方
では本当にお肌に優しい自然派化粧品の選び方をマスターしていきましょう。
まずは合成界面活性剤が配合されていない化粧品を選びましょう。
合成界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる為に配合されています。
本来水と油は混ざり合うことがない物質ですが、化粧品の多くは水も油も使用されています。
これらが分離してしまっては化粧品として成り立たないため、合成界面活性剤などを用いて混ぜ合わせているのです。
どうして合成界面活性剤を避けるべきかと言うと、お肌のバリア機能を破壊してしまうからです。
良かれと思って使っていた化粧品が、実はお肌のバリアを破壊し肌状態を悪くしていた・・というのは良くある話です。


次に防腐剤や殺菌剤が配合されていないかを確認しましょう。
化粧品は長期間の保存が望まれます。
しかし水や油が使用された化粧品は、本来腐敗しやすい物なんですね。
そんな化粧品を腐敗させないために、パラベンやフェノキシエタノールなどといったものが配合されているのです。
化粧品を腐敗させないことは、非常に重要ですが植物由来の成分を使って防腐をすることも可能です。
良い自然派化粧品では化学物質を使わず、植物由来の成分を使って防腐を上手に行っている物が多いです。


他にもタール系の色素や紫外線吸収剤が配合されていないかを確認したいですね。
タール系色素は主に口紅などに配合されています。
タール系色素は、石油が原料となっておりアレルギーや発がん性のリスクが懸念されています。
また紫外線吸収剤は、日焼け止めなどによく配合されています。
こちらもアレルギーを引き起こすことがありますので、気をつけたい成分です。


"自然派化粧品"と大きく宣伝されているからといって、全面的に安心するのは危険です。
きちんと自分の目で成分を確認し、本当に納得できる自然派化粧品を選ぶようにしたいですね。