トップページ >  > タバコとシミの大きな関係

タバコとシミの大きな関係

タバコは体に様々な悪影響を及ぼします。
良いことなど一つもありません。
喫煙者が肺がんや喉頭がんになりやすいのは、多くの人々に知られています。
さらに喫煙者は非喫煙者に比べ、しみやそばかすができやすいことが分かっており、
また、煙の影響によって目尻や口元にしわができやすいといった特徴をもっています。
医師が見ればその人が喫煙者か否かすぐにわかるほど、悪影響はお肌に出ているのです。


しみの多くは紫外線の影響でできるのですが、タバコの影響でよりしみはできやすくなってしまいます。
お肌は紫外線を浴びると、紫外線から身を守るためにメラニンを生成するのですが、
その際に活性酸素も同時に発生します。
活性酸素は美肌を作るために必要なビタミンCやお肌に弾力を持たせる
エラスチンを破壊するため、お肌を荒れさせる原因となります。
その活性酸素はタバコの煙にも多量に含まれており、喫煙するたびに体に活性酸素が増えることになってしまいます。

その他にもタバコの煙には、血管が縮まり血行を悪くするタバコの主成分であるニコチンや、
お肌や歯の色を悪くし口臭の原因を招くタール、酸素不足になり、
お肌や唇の色が悪くなる一酸化炭素といった成分が含まれており、
お肌に悪影響を与える要素しかありません。

美容を気にする方は、自分の喫煙だけでなく、他人のタバコの煙にも注意が必要になってきます。
特に女性の方は妊娠などがあるので喫煙はやめたほうがよいでしょう。