トップページ >  > 透明石けんって何?普通の石けんとどう違うの?

透明石けんって何?普通の石けんとどう違うの?

近年、透明石けんが人気を集めていますが、透明石けんって普通の石けんとどう違うの!?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
ドラッグストアなどでごく当たり前のように売られている普通の石けんは、大半が白色で固形になっていますよね。
このような石けんは"化粧石けん"と呼ばれています。
一方透明石けんとは、その名の通り見た目が"透明"な状態をした石けんのことです。
どうしてこのような違いが生まれるかというと、それぞれ製造方法や使用される成分が異なっているからです。
一般的な化粧石けんは、お湯でも水でも非常によく泡立ち使い勝手がいいと思います。
しかしその分泡立ちをよくしたりお肌を守るために、アルコールや炭化水素といった添加物が使用されていることが多いのです。
また、化粧石けんは非常に香りがいいですよね。
これも香料が添加されているからです。
他にも石けんの色をつけるためにタール色素、性質が変わらないためにジブチルヒドロキシトルエンなどといった化学物質が使用されている場合もあります。
タール色素やジブチルヒドロキシトルエンは、お肌に悪影響を及ぼす可能性がある表示指定成分の一つです。
一方透明石けんでは、グリセリンやお砂糖などを使って石けんを透明にしています。
グリセリンやお砂糖には保湿効果があるため、非常に保湿性の高い洗いあがりになります。
もちろん市販されている透明石けんの中には、界面活性剤や表示指定成分が使用されている物もあります。
しかし基本的に透明石けんは、お肌に優しい成分で作られたお肌に優しい石けんなのです。
そのため近年では、透明石けんを自分で手作りされる方も多いんですよ。
非常にお肌に優しい透明石けんですが、購入する際は本当にお肌に優しい成分が使われているのか?を確認してから購入したいですね。


■透明石けんを使うとどんな効果があるの?
透明石けんを使用すると、お肌にとって嬉しいことがたくさんあります。
まず透明石けんではグルセリンやお砂糖といった保湿成分が使用されているため、洗いあがりは保湿されてしっとりとしたお肌になります。
また皮脂を必要以上に取り過ぎる事もなく、成分の面においてもお肌への負担が極めて少ないです。
そのため透明石けんはどんな肌質の方でも、お肌が弱い方でも安心してお使い頂ける石けんなのです。
洗顔は毎日行うことなので、それに使用する石けんもお肌に優しいものを使いたいですね。