トップページ >  > 化粧品に使われる水は安全なの?

化粧品に使われる水は安全なの?

私たちが毎日使っている化粧品の大半には「水」が使用されています。
化粧品に配合されている成分を見ても、まず先頭に「水」と書かれた化粧品が多いと思いませんか?
化粧品では配合量が多い成分から順に記載するようになっており、いかに水が多く使われているかが分かります。
化粧水のように「水」と付いているものはもちろん、美容液や乳液、ファンデーションにだって水は使われているのです。
私たちはつい化粧品の成分というと、保存料や香料などの成分を重視しがちです。
でも割合の多い水こそ、重視するべきだと思いませんか?
どんなに合成界面活性剤が使われてなかろうが、パラベンフリーであろうが、使われている水が安全でなければ安全な化粧品とは言えないと思うのです。
そのため化粧品の中でも特に配合量の多い水は、規制が非常に厳しくなっています。
衛生上、問題はないか。なんて条件はクリアしていて当たり前です。
溶解度であったり、沈殿の仕方であったり色に関する影響であったりと、化粧水に使われる水は非常に厳しい条件をクリアして使用されています。
化粧品は直接お肌に使うものなので、より安全性を重視されているんですね。
また、水とよく似た物で「精製水」という物が使われていることも多いです。
精製水は通常の水を蒸留したり、イオン交換樹脂を使用して精製された水のことです。
この工程を行うことで、水に含まれた不純物を取り除くことができるのです。
精製水は不純物が含まれていないため、よりお肌に優しいと考えられていますが、その反面雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあります。


■水は化粧品にとって非常に重要な成分!
水は生物が生きて行くために欠かせないものですが、化粧品においても重要な役割を担っています。
そのため化粧水に使用する水に、こだわるメーカーや製品も数多く登場しています。
ただの水を使用しているより温泉水などが使用されている方が効果も期待できそうですし、自然豊かな清流の水を使用していると聞くと、すっかり安心感を抱いてしまいますよね。
これからは化粧水の成分はもちろんですが、使われている水にもこだわってみませんか?
水は化粧品にとって非常に重要な成分であり、お肌にもたらす影響も大きくなっているのです。